no-image

ヤーマンのメディリフトの使い方は複雑だった?

最近の小顔ブームに伴い、様々なメーカーで美顔器を発売していますよね。

ヤーマンのメディリフトも美顔器の1つで人気が出ています。

といっても、ヤーマンのメディリフトは新発想のびがん器です。

そのため、他の美顔器とは少々違っています。

ヤーマンのメディリフトは黒いマスクのようになっています。

使う時はマスクを顔に装着してから使うことになります。

ヤーマンのメディリフトの使い方は難しいのでしょうか…?

買ってみたものの、うまく使えなくては意味がありません。

今回は、ヤーマンのメディリフトを購入した後、適切にヤーマンのメディリフトが使えるように正しい使い方をレクチャーします。

ぜひ最後まで読んでみてください。

使い方の手順

ヤーマンのメディリフトを顔につける前に、化粧水で肌の調子を整えておきましょう。

化粧水は肌の土台を整えるためにつけます。

肌の土台がしっかりしていないままヤーマンのメディリフトを使ってしまうと、美肌効果も半減してしまう可能性があります。

化粧水で肌のベースが整ったら、ヤーマンのメディリフトを装着します。

ヤーマンのメディリフトを付ける時は、目、鼻、口の位置にしっかり合わせてぴったりと装着します。

横についている固定バンドを、あなたの耳が隠れるくらい引き上げてから固定します。

顔の下部分のバンドを、顎のラインに沿って引き上げ、頭上でしっかり固定します。

ヤーマンのメディリフトがしっかり着用できたことを確認したら、サイドについているボタンをプッシュします。

そして10分間そのままにしておくと、自動で顔の筋肉をケアしてくれます。

ヤーマンのメディリフトをつけながら、他の作業をしていても問題ありません。

スマホをいじる、テレビをみるなど、自由にお過ごしください

 

使用後はどうなるのか?

ヤーマンのメディリフトを毎日正しく使えていれば、顎のラインや口元が引き締まってくるようになります。

顔の下半分が引き締まるだけでも、顔の見た目年齢が変わります。

そのため、ヤーマンのメディリフトは顔の下半分を鍛える効果に優れています。

年齢と共に自然と衰えていく表情筋も、ヤーマンのメディリフトをつけているだけで鍛えられるでしょう

顔の若さを維持するためにも、ヤーマンのメディリフトを使い続けるのがおすすめです。

 

顔の下半分が年齢を決める

マスクをしていて目だけが出ている状態だと、人は実際より若く見えます。

というのも、顔の下半分、要するに口周りに年齢が出やすいからです。

顔の上半分だけ見たら若い印象なのに、顔の下半分を見たら年齢を見破られてしまう…ということはよくあります。

顔の年齢を決めるのは、実は顔の下半分なのです。

目元ももちろんたるみますが、下半分は頬や口周りのたるみが目立ってきます。

そこで、ヤーマンのメディリフトは、顔の第一印象を大きく左右する顔の下半分に特化して作られているのです。

これが、他の美顔器との大きな違いです。

顔の下半分の筋肉を、集中的にケアしてくれます。

>メディリフトの公式サイト<